株式会社  ペルセウスプロテオミクス
HOME会社案内研究開発製品情報
製品情報
用語説明一覧へ戻る
用語説明

ま行

モノクローナル抗体

1種類の抗体を多量に産生させる技術はケーラーとミルステインにより開発された。(1984年度ノーベル賞受賞)。 この技術で得られるモノクローナル抗体は、抗体を作るリンパ球と分裂能力を与える細胞株を融合して得られる細胞クローン(ハイブリドーマ)によって産生される。モノクローナル抗体は 1種類の抗体の無限コピーであり、1種類の異物(抗原)を特異的に認識する。 この抗体作製技術をもとに特定の癌や分子標的に対する医薬品を工業的に大量生産することが可能である。

抗体

生体が異物を認識して排除するために作るタンパク質。抗体は異物(抗原)の構造に応じて1対1(鍵と鍵穴)の関係で合成され、異物に結合しその毒性や病原性を中和する。また、マクロファージといった免疫細胞による捕食を助け、異物の生体から排除に寄与する。抗体という分子の多様性は何億通りもあり、分子を見分ける道具としても使用される。これを応用し、組替え技術で合成した抗体分子は癌や感染症、疾患を診断・治療する医薬品として利用される。

ポリクローナル抗体

通常、動物に免疫してその体内で合成される抗体。異物の構造を多面的に認識する抗体群の総称。一般に、外来異物に対して免疫ができたという場合、生体がポリクローナル抗体を体内に作り異物を排除している状態のことを言う。 ポリクローナル抗体はB細胞というリンパ球の集団から作られます。ポリクローナル抗体を産業利用しようとすると、生産量は免疫する動物の血清量しか一度に採れず、抗体価などの品質も安定しない。 モノクローナル抗体は、このB細胞の1つを取り出して無限成長させる技術で作られ、決まった品質の抗体を大量に作ることに適している。