株式会社  ペルセウスプロテオミクス
HOME会社案内研究開発製品情報
研究開発
研究試薬開発一覧へ戻る

研究試薬開発

ペルセウスが世界で唯一全48種類を取り揃えている核内受容体抗体を、世界の核内受容体研究者へ向けて研究用試薬として販売しています。

核内受容体 論文紹介 4

2006年10月1日

Botrugno OA, et al.
Synergy between LRH-1 and beta-catenin induces G1 cyclin-mediated cell proliferation.
Mol Cell. 2004 Aug 27;15(4):499-509. PMID: 15327767

LRH-1とベータカテニンによるG1サイクリン依存性の細胞増殖

LRH-1は主として内胚葉系の臓器に発現しているオーファン受容体です。本論文では、LRH-1がサイクリンE1およびD1の誘導を介した細胞増殖亢進作用を有すること、また、LRH-1ヘテロノックアウトマウスの小腸クリプトではDNA合成およびクリプトの長さが減少していることからcell renewalに関与することを報告しております。小腸のcell renewalにはwnt/beta-カテニンシグナルが重要であることから、サイクリンE1およびD1のプロモーターにおけるLRH-1とbeta-カテニンの作用を検討したところ、サイクリンE1プロモーター上ではbeta-カテニンがLRH-1のコアクチベーターとして、サイクリンD1プロモーター上ではLRH-1がbeta-カテニンのコアクチベーターとして働くことが明らかになりました。これらのことから、LRH-1とwnt/beta-カテニンシグナルとがクロストークして細胞増殖を調節すること、LRH-1が小腸クリプト細胞のrenewalに関与ることが示唆されます。