CORDY

実験プロトコル

Experimental protocol

  1. トップ
  2. 抗体・試薬販売
  3. 実験プロトコル

当社で採用している一般的実験のプロトコルをご案内します。

IHC:ImmunoHistoChemistry

免疫染色

  1. 4μmの切片を作製
  2. 脱パラフィン(5分間3回浸漬)・親水化
  3. 抗原賦活処理
    • 1)抗原賦活液としてpH6.0-7.0 (好ましくはpH6.0-6.5) クエン酸バッファーを耐熱性のドーゼに入れ、オートクレーブで121℃ 15分間熱処理
    • 2)熱処理後、染色ドーゼを常温で40分間放置(体温程度に冷却)
    • 3)スライドを取り出し、PBS(又は、精製水)にて5分間3回洗浄
  4. 内因性ペルオキシダ-ゼのブロッキング
    • 1)0.3%過酸化水素を含むメタノールに20-30分間浸漬
    • 2)PBSで5分間3回洗浄
    • 3)ブロッキングのため、正常血清で10分間処理(これは、二次抗体の性能により、省略できる。)
  5. 一次抗体反応
    • 1)抗体希釈液用緩衝液(1%BSA-PBS、0.1%アジ化ナトリウム)で希釈した一次抗体*を切片上に滴下
      *抗体使用推奨濃度:1μg/mL~50μg/mL
    • 2)室温 2時間、好ましくは4℃で一晩反応
    • 3)PBSで切片上の一次抗体を洗い流し、PBSに5分間3回浸漬
  6. 二次抗体反応
    • 1)二次抗体(例えば、シンプルステインMAX-PO MULTI (ニチレイ))と、室温で0.5-2時間(好ましくは0.5-1時間)反応
    • 2)PBSで切片上の試薬を洗い流し、PBSに5分間3回浸漬
  7. 発色基質溶液
    • 1)0.05Mトリスバッファー(TBS)(pH7.4) 100mLに対して10mgDABと10μL過酸化水素(30%)を加え、常温、5-10分間反応
    • 2)流水でよく洗浄(~3分間)
  8. 核染色
    • 必要に応じてヘマトキシリン、メチルグリーン**などで染色する
      **ヘマトキシリンを使用する場合は、短時間(~0.5分間)で染色する
  9. 脱水処理等
    • エタノール濃度を順次上げて(50%、70%、96%、absolute)脱水処理後に透明化(xylol、3分間3回浸漬)
  10. 封入

ELISA:Enzyme-Linked Immune Sorbent Assay

WB:Western Blotting

IP:ImmunoPrecipitation

ChIP:Chromatin ImmunoPrecipitation

SSA:Super Shift Assay

Nuclear Extract Preparation