CORDY

組換え抗体作製

Recombinant protein production

  1. トップ
  2. 抗体研究支援
  3. 組換え抗体作製

組換え抗体の作製サービス


哺乳類細胞を発現系とする抗体蛋白質の作製をお引き受けします。

抗体の可変領域の遺伝子配列の情報(アミノ酸配列の情報を含む)があれば、今すぐに始められます。

まず、可変領域をコードする遺伝子を設計し、当社の発現ベクター(ヒトIgG1、ヒトk)に組み込みます。
そして、小スケールでの生産にて生産効率を確認し、ご希望の抗体量に合わせて、培養すべき量をご相談します。(抗体を発現する哺乳細胞系ベクターをご提供いただければ、小スケール生産もお引き受けできます)

お客様のご要望に応じた組換え抗体(例えば、マウスIgG1やヒトIgG2に変更、CDR内の点変異体など)の作製も可能です。お気軽にお問合せください。

作製の流れ

1. 発現ベクターの構築 (日数:約1.5か月)

提供いただいた情報にもとづき、発現ベクター(hIgG1, hκ)を構築
★オプションにて、異なる種やサブクラスに変更可能

2. トライアル生産 (日数:約2週間)

30mL培養スケールでの生産で、生産量を確認
★提供ベクターでの生産も可能
まずは、ここまでをお見積りいたします

3. ご希望スケールでの生産 (日数:約1か月)

必要な抗体量に合わせた容量で培養、その上清からProtein Aで精製
★オプションにてゲルろ過精製 可能

4. 納品 (日数:約1週間)

濃度測定とSDS-PAGEによる品質の確認
★オプションにてHPLCやELISA等も可能

ペルセウスプロテオミクスは、治療用抗体を始めとするバイオ医薬品や蛋白質を中心とする生体に有用な物質に対する抗体を開発する創薬ベンチャー企業です。当社で培われた抗体に関する技術を活用して、お客様の研究をサポートします。

お問い合わせ、お申し込み先: フナコシ株式会社