CORDY

3分でわかるペルセウスプロテオミクス

  1. トップ
  2. ピックアップ情報
  3. 3分でわかるペルセウスプロテオミクス

ペルセウスプロテオミクスとは

ペルセウスプロテオミクスは2001年に設立された抗体医薬品の開発を行う東大発のバイオベンチャーです。
4つのパイプライン(医薬品候補)を持ち、3つを有望な医薬品候補として製薬企業に導出(特許などの知的財産の使用許可など)した実績があります。残る1つは画期的な抗体医薬品候補として自社開発中です。

社名の由来

「ペルセウス」は、ギリシャ神話の英雄です。
「プロテオミクス」は、たんぱく質の構造や機能の研究を意味しています。
英雄ペルセウスは、見る者を石にするというメドゥーサを退治したり、怪物から王女アンドロメダを救ったりしたとされています。抗体技術(ペルセウスの武器)によって、がんなどの治療が困難な病気(怪物)と闘って、患者さん(アンドロメダ)を救うという当社の使命を表しています。

ルモワーヌ作

1. 抗体って何だろう?

抗体は、私たちの体内で作られるたんぱく質で、ウイルスや細菌などの異物(「抗原」といいます)を排除して体を守ります。

抗体は体内のB細胞で作られ、ウイルスや細菌などを排除します。

抗体は抗原に結合する2つの腕をもったY字型をしています。腕の先の部分で抗原と結合しますが、抗体一つにつき、一種類の抗原とだけ結合します。抗原と抗体は鍵穴と鍵のような関係にあります。私たちの身体は、どのような抗原に対しても、それぞれの抗原に対応する抗体を作ることができます。

抗原Aには抗体Aしか、抗原Bには抗体Bしか結合しません

2. 抗体医薬品って何だろう?

抗体医薬品は、このような抗体のしくみを利用したくすりです。病気の原因物質に結合する抗体を人工的につくり出し、体内に入れて病気の原因を排除します。私たちの体に元々備わったしくみなので、安全性が高いことが特長です。また、ヒトの抗体に近い構造の抗体をつくれば、安全性はさらに高まります。

3. 抗体医薬品はどうやってつくる?

抗体医薬品は、バイオ技術を使ってつくります。主なつくり方は2つあります。

①動物を使う方法
(ハイブリドーマ法など)

動物を使って抗体を取得する伝統的な方法です。ヒトが体内で抗体を作るのと同じしくみを利用しており、マウス抗体やヒト化抗体をつくることができます。

②動物を使わない方法
(ファージディスプレイ法など)

2018年にノーベル化学賞を受賞した、試験管の中で抗体をつくる方法です。ヒトの抗体そのものをつくることができるため、広まりつつあります。

4. 抗体医薬品の将来性は?

抗体医薬品は、このような抗体のしくみを利用して、ねらった病気の原因物質のみを排除します。このため安全性も高く、がんやリウマチなど、幅広い病気に対する医薬品として活用されています。抗体医薬品の売上高は2026年にはおよそ2,800億ドルまで増加すると予測されています。

世界の医薬品売上高に占める抗体医薬品の割合

(ソース:Evaluate社)

一方で、形が複雑な抗原に対する抗体をつくり出すのは難しいため、抗体医薬品の標的は多数残されたままです

抗原と抗体とは鍵穴と鍵のように1対1で対応します。複雑な鍵穴に対応する鍵をつくるのが難しいように、複雑な形の抗原に対応する抗体をつくるのは困難が伴います。

当社はつくり出すのが難しい抗体を取得できる優れた技術で創薬を進めています

ファージディスプレイ法における当社独自の工夫

ファージディスプレイ法で使う試験管の中には約1,000億個の抗体が詰まっています。これを「ライブラリ」と呼びます。
当社は多様性の高い独自の抗体ライブラリを使用することで、目当ての抗原にしっかり結合する抗体を得ることができます。

また、多数の抗体の中から目当ての抗体を効率的に取り出す独自の手法も開発しました。(特許第4870348号)

これらの優れた独自技術によって、まだ作り出せていない抗体を取得し、画期的な医薬品候補として開発していきます。

開発コード:PPMX-T003
真性多血症や血液がんの医薬品候補

すべての細胞は生きていくために鉄が必要で、細胞表面の鉄の入口から鉄を取り込んでいます。中でも、がん細胞と赤芽球(赤血球のもと)は、大量に増殖するために普通の細胞の数百倍もの鉄を必要とします。

1鉄の入口に鉄を運ぶキャリアが結合します

2細胞内に鉄が入り、細胞が増殖します

このため、もし鉄の取り込みを止められれば、がんの増殖を止め、がん細胞を死滅させることができます。このことは20年以上前から知られており、各社が鉄の取り込みを止める抗体をつくり出そうと挑戦してきました。しかし、満足のいく抗体はまだつくり出せていません。
当社は、当社独自の抗体取得方法を活用することで、がん細胞に鉄が入るのを止めることができる抗体PPMX-T003の取得に成功しました。PPMX-T003は、がん、中でも急性骨髄性白血病や悪性リンパ腫などのさまざまな血液がんの画期的な治療薬となる可能性があります。

1PPMX-T003は鉄の入口をふさいで鉄が入るのを止めます

2細胞が死んだり、増殖が抑えられたりします

また、 PPMX-T003は赤血球の数が多すぎる場合に、正常な数値まで赤血球の数を減らすこともできると考えられます。当社は現在、赤血球の数が多すぎる病気である「真性多血症」に対する第I相試験を自社で行っています。

わたしたちは、治療法のない病に苦しむ患者さんに届くよう、
画期的な抗体医薬品を一つでも多く開発し、世界の医療に貢献します。